学術教育図書出版:株式会社大学教育出版
【書籍検索】
  • 統計報告書の作成支援サービス
  • 総合的英語力を伸ばすlincEnglish
  • 資格取得に最適!Newtone-ラーニング正規代理店
書籍情報
現代社会教育・生涯学習の諸相 第Ⅲ巻

書籍版

amazonブックサービス
立ち読みpdf

現代社会教育・生涯学習の諸相 第Ⅲ巻

―実践編―

益川浩一  著

教育  定価:本体1,800円+税  A5判  132頁

ISBN 978-4-86429-307-5    2014年8月20日発行   

社会教育・生涯学習の諸相を、歴史・現代・実践の3つの側面から解き明かす。実践編では、公民館事業研究の到達点と課題等について考究するとともに、子ども、若者、保護者、地域住民、高齢者の学びと社会教育・生涯学習の実像を掘り起こす。


【著者紹介】
著者写真 益川浩一 (ますかわ・こういち)
1970年、三重県生まれ。名古屋大学大学院教育学研究科博士(前期)課程修了後、三重県庁に入庁(2001年3月まで、国際課、出納局、中央児童相談所に勤務)。
2001年4月から、岐阜大学助教授。現在、岐阜大学准教授(総合情報メディアセンター生涯学習システム開発研究部門、大学院教育学研究科)。
そのほか、現在、岐阜大学地域協学センター副センター長(大学COC事業、併任)、岐阜大学教育推進・学生支援機構キャリア支援部門副部門長(岐阜大学キャリアセンター副センター長、兼務)、岐阜大学研究推進・社会連携機構地域連携部門生涯学習分野長(兼務)、岐阜大学教職大学院講義担当教育職員、岐阜県庁生涯学習・社会教育政策監(環境生活部環境生活政策課地域コミュニティ室、ぎふ地域の絆づくり支援センタ-、非常勤特別職)、岐阜大学・十六銀行産学連携プロジェクト「くるるセミナー」代表等。