人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し新時代を展望したい

日本語平和論
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

社 会

日本語平和論

日本を守り世界を平和に導く日本語

津田幸男(つだ ゆきお) 著

  • 定価:本体2,000円 + 税
  • 書籍在庫:有 / 電子版:なし
  • 判型:四六
  • ページ数:272頁
  • ISBN:978-4-86692-168-6
  • 発行日:2021/12/28発行
書籍内容

西洋語と比べ、日本語を低く見る「癖」が私たち自身の中に深く根付いているが、本書では、日本語のすばらしさと世界平和に貢献する潜在力を明らかにし、日本語と日本文化ひいては日本人のアイデンティティを明確にする。

◆主な目次
序 章 「心の平和」をもたらす日本語と日本文化の時代が来た!
第一部 日本語は世界を平和に導く
第一章 日本語の独自性と平和性── 日本語の本当の姿
第二章 日本語は人を「やさしく」「素直に」「つつましく」する
第三章 日本語の五つの魅力と国際共通語としての可能性
第二部 ことばの安全保障── 日本語をいかに守るか
第四章 日本語は日本を守る防波堤──「日本語でなんでもできる国」を守る
第五章 英語支配と日本語の安全保障── 求められる日本人の「精神革命」
第三部 日本の「英語化」「国際化」を食い止める
第六章  「英語の氾濫」の実態と対策──あえて「外来語規制法」を提案する
第七章 「国際化」教育への疑問── 大学教育における「日本語必修化」を!

【著者紹介】
津田幸男(つだ ゆきお)

筑波大学名誉教授
長崎大学助教授、名古屋大学教授、筑波大学教授を歴任。
南イリノイ大学大学院スピーチコミュニケーション学科博士課程修了
(Ph.D. in Speech Communication, 1985)
主な著書:
Language Inequality and Distortion (1986, John Benjamins, the
Netherlands.).
『英語支配の構造』(1986、第三書館)
『侵略する英語 反撃する日本語』(1996、PHP 研究所)
『グローバル・コミュニケーション論』(共編著)(2002、ナカニシャ出版)
『英語支配とは何か』(2003、明石書店)
『英語支配とことばの平等』(2006、慶応義塾大学出版会)
『日本語防衛論』(2011、小学館)
『日本語を護れ!』(2013、明治書院)