大学教育と読書

【教育】
大学教育と読書
大学生協からの問題提起
 全国大学生活協同組合連合会 教職員委員会 監修 玉 真之介(たま しんのすけ) 編著
一般社団法人大学教育学会JACUEセレクション2018
定価:本体1,600円 + 税
在庫:有
一般社団法人大学教育学会JACUEセレクション2018に選ばれました。
選定理由(抜粋)
本書は、全国大学生協の委員会が、学生の読書の実態を実感として知る立場をふまえて、学生に読書を促す方法を多方面から検討して積極的な運動を提起したものである。大学生協の「リーディングリスト運動」が全国ネットを通じて強力に展開され、その成果として学生の学びが深化して、大学教育の改善と発展にさらに寄与することが期待される。
判型:A5判
ページ数:152頁
ISBN:978-4-86429-469-0
発行日:2017/10/10発行
各オンラインショップで書籍版を購入する
各オンラインショップで電子版を購入する

書籍内容紹介

学生のWeb情報依存の現状を直視し、アクティブラーニングの一部にリーディングを位置づけて大学教育改善と学生の読書を結合し、学生たちが流動化を強める世界の動きや文化の多様性に目を開いていくための「新教養主義」と「リーディングリスト運動」を提起する。
【編著者紹介】
全国大学生活協同組合連合会 教職員委員会
【編著者紹介】
玉 真之介(たま しんのすけ)
1953年岐阜県高山市生まれ。北海道大学大学院農学研究科博士課程修了(農学博士)。専門は農業経済学、日本農業史。岡山大学教養部、弘前大学農学部、岩手大学大学院連合農学研究科、岩手大学理事を経て、現在は徳島大学副理事(COC プラス担当)、生物資源産業学部教授。