道徳教育の理論と実践

【教育】
道徳教育の理論と実践
 石村秀登(いしむら ひでと) 編著 末次弘幸(すえつぐ ひろゆき) 編著
定価:本体1,800円 + 税
在庫:有
判型:A5判
ページ数:238頁
ISBN:978-4-86429-502-4
発行日:2018/05/10発行
各オンラインショップで書籍版を購入する

書籍内容紹介

道徳教育を理論編と実践編に分けて解説。理論編では、主に教育哲学の研究者が道徳や倫理の基本的な思想、道徳的発達や道徳の歴史を取り扱い、実践編では、主に経験豊富な学校教諭が初等中等教育における道徳教育の実際と課題を示す。
【編著者紹介】
石村秀登(いしむら ひでと)
九州大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得満期退学。
現在、熊本県立大学教授。
主著に『新・教育原理』(ミネルヴァ書房、2006 年:共著)
論文に「学童保育における生活体験─ 計画性と評価をめぐって─ 」(『生活体験学習研究』
Vol.15、2015 年:共著)などがある。
【編著者紹介】
末次弘幸(すえつぐ ひろゆき)
山口大学教育学部小学校教員養成課程卒業。
山口県の小学校教諭として勤務、岩国市教育委員会派遣社会教育主事、岩国市教育委員会
学校教育課指導主事を経て、現在、山口県教育庁義務教育課指導主事。