Cognition, Macroeconomics and Economic Policy of Yamada Houkoku

【経済・経営】
Cognition, Macroeconomics and Economic Policy of Yamada Houkoku
 三宅康久(みやけ やすひさ) 著
定価:本体2,000円 + 税
在庫:有
判型:A5判
ページ数:142頁
ISBN:978-4-86429-164-4
発行日:2012/10/20発行
各オンラインショップで書籍版を購入する
各オンラインショップで電子版を購入する

書籍内容紹介

山田方谷の藩政改革と経済政策を江戸期の封建経済システムと関連させ、体質を明らかにし、業績を現代に生かす試みである。金融危機や現代のマクロ経済学を考察する場合、方谷による藩の財政改革は今までにない新しい視点を示唆している。
【編著者紹介】
三宅康久(みやけ やすひさ)
関西高校、関西学院大学経済学部卒業後、英国へ留学。
ロンドン大学より経済学修士号取得(国際マクロ経済学、国際金融論専攻)
ロンドン大学大学院博士課程
京都大学大学院経済学研究科にて、金融市場の研究に従事する。
帰国後、山陽学園大学にて山田方谷論について教授する。
山田方谷研究会事務局長