ラプラスの天体力学論 第4巻

【数学・物理学】
ラプラスの天体力学論 第4巻
 ピエール=シモン・ラプラス 著 竹下貞雄(たけした さだお) 訳
定価:本体3,800円 + 税
在庫:有
判型:B5判
ページ数:380頁
ISBN:978-4-86429-123-1
発行日:2012/12/30発行
各オンラインショップで書籍版を購入する
各オンラインショップで電子版を購入する

書籍内容紹介

フランスの数学者ピエール=シモン・ラプラスの『天体力学』は5巻16編からなり、1799年から1825年にわたって出版された大著である。本書はそれを完全に日本語訳したものである。第4巻では、衛星の不規則運動の原因のほかに、液体の毛管作用についての解析結果と実測結果との比較検討をする。
【編著者紹介】
ピエール=シモン・ラプラス
主な著書
1.Exposé du Système du Monde, 1796.
2.Théorie analitique des Probabilités, 1812.
3.Essai philosophique sur les probabilitées, 1814.
略  歴
1749 年 ノルマンディ地方のボーモンに生まれる.
1773 年 パリ科学アカデミーの正会員に選ばれる.
1784 年 王立陸軍士官学校の試験官を拝命.
1789 年 フランス革命勃発.
1792 年 エコール・ノルマルの教授に任ぜられる.
1806 年 伯爵に叙せられる.
1817 年 候爵に叙せられる.
1827 年 パリで死す(77 歳).
【編著者紹介】
竹下貞雄(たけした さだお)
1933年 福井市に生まれる
1958年 京都大学工学部卒業,日本国有鉄道入社
1964年 ベルギー政府国費留学生として,リエージュ大学に留学(1年間)
1983年 鉄道技術研究所,土質研究室長
1984年 土木学会,技術開発賞受賞
1985年 工学博士(京都大学)
1986年 立命館大学理工学部,教授
2009年 同上退職
現 在 翻訳業に従事している