人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し新時代を展望したい

教養としてのアメリカ研究
ブラウザで立ち読み
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

社 会

教養としてのアメリカ研究

清原 聖子(きよはら しょうこ) 編著

  • 定価:本体2,000円 + 税
  • 書籍在庫:有 / 電子版:なし
  • 判型:A5
  • ページ数:236頁
  • ISBN:978-4-86692-156-3
  • 発行日:2021/11/22発行
書籍内容

政治・社会からジェンダー・スポーツ・音楽等の様々な分野をはじめ、初学者が現代アメリカ社会や文化を理解するための重要な視点をそろえ、アメリカ社会と文化について理解を深める機会を提示する。

◆主な目次
第Ⅰ部 政治・社会
 第1章 ソーシャルメディアを活用したアメリカ大統領選挙キャンペーンの発展
 第2章 「メディアの分極化」から見るアメリカのメディア環境の変容
 第3章 コロナ禍とポスト・オバマケアをめぐる争い─ 皆保険成立を阻む政治文化的要因─
 第4章 ブラック・ライヴズ・マター運動から振り返るアメリカ黒人の歴史― ステレオタイプに対するグローバルな闘い ―
 第5章 アメリカ中絶論争の歴史と現在─ ジェンダーと生命・選択の自由・正義─
第Ⅱ部 外交
 第6章 アメリカはアジアをどう見ているか─ 乖離する相互イメージ ─
 第7章 アメリカの通商摩擦と世界貿易機関(WTO)改革
第Ⅲ部 文化
 第8章 アメリカのオリンピック・センチュリーと社会正義の実現
 第9章 アメリカ社会におけるクラシック音楽の巨匠
 第10章 在外米軍基地とアメリカのポピュラー音楽─ 戦後日本の米軍ラジオ放送─

【編著者紹介】
清原 聖子(きよはら しょうこ)

現職:明治大学情報コミュニケーション学部教授
最終学歴:慶応義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学
学位:博士(法学)
主な業績:
『フェイクニュースに震撼する民主主義─ 日米韓の国際比較研究』(編著)大学教育出版、2019 年
『ネット選挙が変える政治と社会─ 日米韓に見る新たな「公共圏」の姿』(共編著)慶應義塾大学出版会、2013 年
『インターネットが変える選挙─ 米韓比較と日本の展望』(共編著)慶應義塾大学出版会、2011 年