人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し、21世紀の新時代を展望したい

執筆と出版をお考えの方へアイコン執筆と出版をお考えの方へ

執筆と出版までの流れ

フローチャート

1.ご執筆にあたり

  • 1.小社では、読者にとって読みやすく、理解しやすいように編集作業を行っています。
    これからご執筆され、持ち込み企画を検討される方には、小社執筆要項を参考にしていただければ幸いです。 上のボタンを右クリックし、ファイルをダウンロードしてください。
  • 2.テキストをご執筆いただく場合、原稿枚数はA4プリント(40字×36行の場合100~150枚)(400字詰原稿用紙換算360~500枚)程度を予定してください。
    学術図書で原稿量が特別に多い場合、また翻訳書でその権利の空き状況確認と取得交渉が必要な場合は、事前にご相談ください。また、図表・引用等は出所(書誌・著作権情報)を明記してください。
  • 3.共同研究の場合やご研究領域が比較的近く、テーマを相互補完できる場合、学際的なアプローチが必要な場合またテキスト企画などについては、共著もおすすめします。
  • 4.紙媒体の刊行以外にも、DVD(CD)-ROM、メモリカード等の電子媒体に記録したパッケージ出版物、またはインターネット等を利用した電子書籍の出版も企画しています。

2.出版企画

すでに脱稿または推敲中の方は、企画書にご記入の上、その企画(目次案含む)をお知らせください。20日程度で小社出版企画案(出版条件等)をご案内します。 また、これからご執筆される方も、お気軽にお問い合わせください。

1.学術図書の場合
第三者助成出版以外では、小社の企画出版か協力出版(協力出資企画)かについては、企画会議後に決定させていただきます(一般書の場合もこれに準じます)。
2.テキストの場合
ご採用部数が一定条件を満たせば、企画出版扱いといたします。
ただし、テキストとして少なくとも4~5年度のご採用をお願いします。
3.助成出版の場合
特に学術図書で出版助成〔日本学術振興会、財団法人・所属大学等〕を申請される場合は、事前に相談ください。
申請用見積書(日本学術振興会助成出版見積書はこちら)を作成いたします。くわしくは、助成出版のおすすめをご覧ください。
  • 4.初版発行予定部数のめやす
    (1)学術図書の場合…………… 400~1000部予定
    (2)テキストの場合…………… 1000~2000部予定
    (3)少部数テキストの場合…… 500~800部予定
  • 5.一般書についても、その企画内容をお知らせください。企画出版の検討をさせていただきます。

3.出版契約

  • 1.出版企画案によるその仕様と出版条件等をご確認の上、ご契約をお願いします。
  • 2.日本書籍出版協会案に準じた契約で、出版等契約書(電子出版含む)により著作権の確認と出版権の設定等を行います。
  • 3.企画出版で初版印税(著作権使用料)の支払いは、初版1000部以上で実売部数制または前払制です。助成出版では初版印税はありません。

4.広報・販売

全国への新刊・既刊案内として、小社出版目録配布のほか、下記の目録等へ適宜掲載しています。
新刊委託はトーハン・日販系列書店で、注文販売はトーハン・日販・大阪屋栗田等の主な取次店経由により、全国の書店で取り扱っています。また、下記(10)(11)のネット書店においても注文できます。