人類の多年にわたる文化的・科学的成果を糧として、無用な固定観念に阻まれることなく、持続的に思考し新時代を展望したい

包括的健康教育の指導者養成の理論と実践
ブラウザで立ち読み
下記のオンラインショップで
本書の書籍版を購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス

教 育

包括的健康教育の指導者養成の理論と実践

伊藤武彦(いとう たけひこ) 編著/上村弘子(かみむら ひろこ) 編著

  • 定価:本体2,000円 + 税
  • 書籍在庫:有 / 電子版:なし
  • 判型:A5
  • ページ数:188頁
  • ISBN:978-4-86692-297-3
  • 発行日:2024/03/29発行
書籍内容

子どもたちの健康の保持増進を前提とし、子どもの今日的な健康問題に向き合う能力を高めるための教職員研修のニーズはきわめて高い。そこで、本書は、教職員を対象に健康教育に関する研修を包括的・体系的に実施する方法について示す。

◆主な目次
第1章 包括的健康教育指導者養成の基本的考え方(総論)
1.包括的健康教育指導者の養成
2.包括的健康教育指導者養成のニーズ
3.海外の包括的健康教育の実際~香港のヘルスプロモーティングスクールの実践から
第2章 包括的健康教育で取り扱いたいテーマ(内容論)
1.感染症の予防
2.アレルギー
3.運動器
4.食と栄養に関する健康教育
5.睡眠
6.飲酒、喫煙、薬物乱用防止教育
第3章 包括的健康教育指導者が身につけたいスキル(方法論)
1.ヘルスリテラシーを伸ばす健康教育とは
2.学校現場での健康に関する情報収集の実際と課題
第4章 包括的健康教育指導者養成プログラムの構築と実践
1.モデルプログラム
2.包括的健康教育指導者の組織的支援について

【編著者紹介】
伊藤武彦(いとう たけひこ)

岡山大学学術研究院教育学域・教授


【編著者紹介】
上村弘子(かみむら ひろこ)

岡山大学学術研究院教育学域・教授