AI時代の情報教育

【教育】
AI時代の情報教育
 加納寛子(かのう ひろこ) 著
定価:本体2,000円 + 税
在庫:有
判型:A5判
ページ数:238頁
ISBN:978-4-86429-480-5
発行日:2017/11/25発行
各オンラインショップで書籍版を購入する

書籍内容紹介

近い将来、司令塔の役割をするトップの人間、その下に中間管理職の役割を果たすAI、AIと共存して働く人間、AIの指示の下で働く人間という四層構造になるだろう。本書は、AIと共存して働くために必要な情報教育とは何かを考える羅針盤の書である。
【編著者紹介】
加納寛子(かのう ひろこ)
現在山形大学准教授。東京学芸大学教育学部卒業、同大学院教育学研究科修士課程修了、早稲田大学大学院国際情報通信研究科博士後期課程単位取得退学。心理検査士。インターネットやスマートフォン、ヒューマノイドロボットなど新しいIoTと人の関係、情報の信憑性を判断する力やインターネット上での心理・行動分析について研究。個人や学校か
らのネットいじめやネットトラブルに関する個別の相談に応じている。講演件数は100件以上。主著に『ネットいじめの構造と対処・予防』金子書房、『いじめサインの見抜き方』金剛出版、『ネットいじめ(現代のエスプリno.526)』ぎょうせい、『チャートで組み立てる レポート作成法』丸善、『即レス症候群の子どもたち ケータイ・ネット指導の進め方』日本標準、『「誰でも良かった殺人」が起こる理由─秋葉原無差別殺人事件は何を問いかけたか』日本標準ブックレット、『ケータイ不安~子どもをリスクから守る15の知恵』NHK出版、『ポートフォリオで情報科をつくる~新しい授業実践と評価の方法』北大路書房など多数。