自由と愛の精神

【宗教・歴史】
自由と愛の精神
桃山学院大学のチャレンジ
 谷口 照三(たにぐち てるそう) 編著 石川 明人(いしかわ あきと) 編著 伊藤 潔志(いとう きよし) 編著
定価:本体2,000円 + 税
在庫:有
判型:A5判
ページ数:232頁
ISBN:978-4-86429-411-9
発行日:2016/11/20発行
各オンラインショップで書籍版を購入する
各オンラインショップで電子版を購入する

書籍内容紹介

本書は、桃山学院大学の建学の精神が「自由と愛」であることを踏まえ、「自由と愛」について哲学・神学・教育学などの立場から考察した論集である。幅広い議論を通して、教育の普遍的な価値を問う足がかりとすることを狙いとする。
【編著者紹介】
谷口 照三(たにぐち てるそう)
桃山学院大学経営学部教授。
1950年、広島県生まれ。1979年南山大学大学院経営学研究科博士前期課程修了、1982年亜細亜大学大学院経営学研究科博士後期課程単位取得満期退学、1991年より現職。専攻は経営学・経営倫理学、経営学修士。
著書に『戦後日本の企業社会と経営思想──CSR経営を語るひとつの文脈──』(単著、文眞堂、2007年)、他
【編著者紹介】
石川 明人(いしかわ あきと)
桃山学院大学社会学部准教授。
1974年、東京都生まれ。2003年北海道大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学、2014年より現職。専攻は宗教学・戦争論、博士(文学)。
著書に『キリスト教と戦争』(単著、中公新書、2016年)、他。
【編著者紹介】
伊藤 潔志(いとう きよし)
桃山学院大学経営学部准教授。
1972年秋田県生まれ。1996年千葉大学教育学部卒業、1998年秋田大学大学院教育学研究科修士課程修了、2004年東北大学大学院教育学研究科博士課程後期単位取得満期退学、2013年広島大学大学院文学研究科博士課程後期修了。東京福祉大学講師、山陽学園短期大学講師を経て、2014年より現職。
専攻は、倫理学・教育学。修士(教育学)、博士(文学)。